工場と生産背景

フローレンス マリン X において、サステナビリティや、製品の製造、ソーシング、工場における労働者への人道的扱いなどに対し、負う責任。それこそは我々のビジネス・フィロソフィーにとっての根幹となるものだ。

我々が生産のパートナーを選ぶとき、縫製技術や生産能力は大事だが、さらに重要な鍵は彼らが自分たちの労働者や地球環境にとって常にベストな選択をしているかという点だ。その工場は床に散らばる繊維屑を再生繊維に昇華する試みをしているか?低降水量地域の工場においては、よりスマートに水資源を使うべく雨水の再利用を行なっているか?

その工場は素材のロスを最小化すべく、より効果的なパターン、生地取りを行なっているか?労働者は労働時間外に教育の機会や、自分たちの生活、コミュニティ強化のための手当などが与えられているか?

他の多くのブランドと同様に我々は自社工場を持たないが、正しい質問をし、正しい選択を行うという能力を保持している。そして我々は我々の製品を製造するパートナーを選ぶのに極めて思慮深くあるべきと考えるのです。

責任、任務

私たちが冒険し探究する場所。どのようにこの場所を守り、責任を負うのか。

フローレンスでは、我々のエキスプロレーション、探究の旅と製品の製造やサステナビリティに対する責任は共に同時に両立すべきものと考えています。我々は私たちのギアが機能的あるべきと考えていますが、一方で、仮にそのことで、そのジャケットやシャツが製造工程に於いて地球環境にとって有害な方法が取られているとすれば、それは直ちに我々が探究する地に悪影響を与えることになり、これは我々ブランドでは成り立たないのです。