ブロック ボードショーツ

¥9,680
/
税込

Size
Color

フィットガイド
レギュラーフィット。普段が中間の奇数インチならサイズダウンがお薦め。写真のモデル(身長175cm 体重82kg)は32インチを着用。ジョンジョン(身長188cm 体重83kg)は32インチを愛用中。

特長

  • 4ウェイ・ストレッチ素材
  • 全長44.5cmの膝上丈
  • 速乾素材は水陸両用で活躍
  • サイド裾の切れ込みが動きをストレスなくサポート
  • 地球温暖化を防ぐカーボンゼロ撥水加工
  • 耐久性の高い三本針ステッチ
  • サイドにはジッパー付きのポケットを装備
  • キーなどをしっかりとホールドするコードループを内蔵
  • 「ブルーサイン®︎」認証済み

商品詳細

  • 80%再生ポリエステル、20%スパンデックス
  • 水温30度以下洗濯機洗い、吊り干し
  • 輸入品


フローレンス マリン X のブロック ボードショーツ。耐久性の高い4ウェイ・ストレッチと速乾機能を併せ持つ素材を用いたブランドを代表するボードショーツ、トランクスだ。両サイドに配した切替部分は、実はブランドのロゴとなるセーリング・バージー(三角旗)を形作っている。旗の先端にあたる部分、裾には切り込みがなされ、足の激しい動きをストレスなくサポートする。無縫製のインシーム部分や内面構造は極力、肌とショーツとの摩擦を排するつくりだ。このことでより長く、より快適に水中でのアクティビティを行うことが可能になり、また強度を要する部分には三本針のステッチが用いられ、デザインと共に高い耐久性を実現している。日本に向けては継続カラー・ブラックレッドは少量を米国からリストック、本命は今期のニューカラーとなるオリーブと黒・オリーブに絞り、限定リリース中。

ボードショーツのケア、方法

私たちが企画開発、生産を通じて大事にしてきたことの一つは耐久性です。如何に長くご愛用頂ける商品を提供できるか。一方、ご購入後のケアの方法次第で、商品寿命は更に長くなり理想の実現に近づけるのです。

以下の提案をぜひ一読ください。

洗わなければ洗わないほど、ダメージは軽減できる
実際に洗濯機で洗うたびに、ボードショーツのマイクロファイバーは互いに擦れ、叩かれ、脆くなり繊維が痩せるなどのダメージを受けます。お勧めするのは都度、洗濯機を使うのではなく、手洗いで汚れた箇所を部分的に揉み洗いをすること。当然これは節水にも繋がる行為となります。

手洗い
洗濯機は実はボードショーツにとっては、とても凶暴なもの。繊維自体へのダメージのリスクは既出ですが、縫製箇所や撥水機能の維持にとってもマイナス面が大きくショーツの寿命を縮めることになります。そこで可能な限り石鹸と真水での手洗いを推奨します。やむを得ず洗濯機を使用する場合でも、洗濯機中央に軸のあるタイプではなく、横型の洗濯機などがダメージ軽減に効果的なのでご留意ください。


日陰での吊り干し乾燥
乾燥機の使用は絶対に避けましょう。特にウェルド(無縫製圧着シーム)製法などを駆使したショーツには乾燥機の高熱は致命的となります。縫製部分の剥離、割けなどが必ず発生します。ボードショーツは常に風通しの良い日陰で吊り干し乾燥をすることで、より長くご愛用いただけ、結果的に大袈裟ではなく地球環境保護にもプラスとなるのです。

12,000円以上(税込)ご購入で送料無料。

送料:沖縄県を除き全国一律660円(税込)、沖縄県1100円(税込)。

12,000円(税込)以上お買い上げの場合は、弊社が負担しお客様には送料無料で発送

商品の引渡時期:入金確認後、2〜5日で発送

商品の販売数量の制限その他特別の販売条件:配送先は日本国内限定。在庫がない場合は製品ページにその旨記載。ご注文後に在庫がなかったり、発送が遅延する場合はメールでご連絡いたします。

返品・不良品・キャンセルについて:商品に欠陥がある場合を除き、基本的には返品には応じません。(お客様の都合による返品は原則お受け出来ません。)

返品期限:商品に欠陥があった場合は商品到着後7日以内に当社にご連絡下さい。

それはブランドを始める理由、

運動性能ありき

このショーツの特長は、再生ポリエステルからなる4ウェイ・ストレッチ素材、スキャロップ・ヘムと呼ばれる切り込まれた裾形状、ちょうど膝上にヒットするその股下長。これら全てがユーザーのパフォーマンス第一に考えられたものだ。

機能はデザイン

サイドのバージー(三角旗)を模した切替に潜むポケットはジップが共され、内側にキーをホールドするループが内蔵される。こんなに重宝するのに、このポケットの存在を忘れるかもしれない。それが機能が創るデザイン。

耐久性、それは細部に宿る

ライズ部分にはトリプルステッチを施す。耐久性と強度の為だが、この機能優先の哲学がデザインにも厚みと強さを加える。